動画配信ブランディング支援

今では当たり前となった動画マーケティングですが、動画編集には、AdobeのPremiere Proの他に、After Effectsというソフトを使います。拘りの動画編集を依頼すると、工数がかかるため、10分程度の動画でも非常に高額です。

カットや場面転換(トランジション)、音声や明るさの調整、BGMや効果音の挿入、動画内のタイトル等の装飾、そして、テレビと異なりYoutubeではフルテロップが当たり前となっています。

また、完成したら終わりではありません。

動画の書き出し、動画共有プラットフォームへのアップロードに加え、タイトルを入れ、概要欄に説明を書き込む必要があります。このタイトルと概要欄の説明もYoutubeのアルゴリズムを意識したものにする必要があります。

ブログ記事とは異なり、Youtubeでリーチされるためには「関連動画」におすすめ動画として表示させる必要があります。

さらに、目を引くサムネイルも必須です。

弊社では、これらの面倒な作業をワンストップで対応しており、ご利用しやすい価格帯でご提供させて頂いております。