お助けにゃんこのIT講座

記事にお洒落な見出しを入れたい!

文章の羅列だけだとなんだか読む気がおきなくなりませんか?そんな時、ページの上に目次があったり、見出しをつけて綺麗に整理されている記事だと読みやすくないですか?

簡単に見出しをつける方法

ワードプレスをつかった記事に見出しをつける場合、見出しにしたい文章にカーソルをあてた状態で▼のプルダウンから「見出し2」を選ぶだけ!見出し2のカテゴリー内の見出しなら「見出し3」を選ぶといいですよ。

超簡単にかわいい見出しをつける

①外観→カスタマイズ→追加CSS(カスタマイズの中の一番下の項目)を開きます。

②追加CSSの中にあるデフォルトで入ってる文章を全部消す。

(デフォルトって、初期設定にされてるっていう意味です。IT系ではよく使う言葉やから覚えておいてね)

③下記をコピペするだけ!

.entry-content h2{
position: relative;
background: #dfefff;
box-shadow: 0px 0px 0px 5px #dfefff;
border: dashed 2px white;
padding: 0.2em 0.5em;
color: #454545;
}

.entry-content h2:after{
position: absolute;
content: ”;
left: -7px;
top: -7px;
border-width: 0 0 15px 15px;
border-style: solid;
border-color: #fff #fff #a8d4ff;
box-shadow: 1px 1px 1px rgba(0, 0, 0, 0.15);
}

↑このコードを追加CSSに入れて、h2とh3を使うとどうなるかは、ゆうこりん社長どっとこむ

をご覧くださいませ♪

※因みにこの方法で、Xeory Extensionというテーマは出来ませんでした(涙)。ですが、殆どの無料テーマで出来ますよ。

今回は、かわいい系の水色のデザインでh2とh3タグに選んでみました。こちらのサルワカさんのサイトで他にもかわいい系の見出しが沢山ありますよ。自分好みにカスタマイズして使って頂いて構いませんと記載がありましたので使わせて頂きましたが、著作権などは勿論、サルワカさんにあると思いますので、画像などをネットから拾って使う時は必ず利用規約を確認してくださいね。「かわいい 見出し CSS」などで検索しても沢山コードが出てきますよ。

ご注意!その無料素材商用可能なものですか?

初心者さんでよくやりがちなのが、ネットから勝手に引っ張ってきた本来お金を払わないとつかえないイラストや画像を勝手に使っているのをよく目にします。例えば、イラストや画像の背景に、うっすらと「123RF」や「pixia」などの文字が入っているのを見た事はありませんか?これはお金を払ってダウンロードすると後ろにうっすら入っている文字が消えます。無料で使われないためにうっすらと文字を入れているんですよ。このように、うっすらと画像提供会社名などの文字が入った写真やイラストを、堂々とフェイスブックやブログで使っている方がいるんです(笑)。とても恥ずかしい事ですし、犯罪ですよ!絶対にやめてください。また、企業さんが、無料イラストや無料画像を使う場合は、かならず商用可なのかも併せてご確認下さいね。個人事業主さまでもビジネス仕様されるのであれば注意が必要です。無料素材でもかわいいもの商用可なものは沢山ありますが、有料だともっと選択肢が広がりますよ。

見出しタイトルの付け方は重要

思わず読みたくなるタイトルをつけていますか?私は芸能ニュースなどがあまり好きではないんです。なぜなら、悪い噂話とかおおいじゃないですか!まあ、それも芸能人を売り込むためのマーケティングなのかもしれませんが・・・。そんな芸能ニュース嫌いの私でさえ、恥ずかしながら見出しにつられて思わずクリックしてしまいます(汗)。それだけ見出し(タイトル)の威力は重要なんですよ。SEOにも関係してくるので重要ですよ。

SEOを意識した見出しの付け方

SEOとは検索エンジン最適化という意味です。わかりやすく私の例をあげると、旅行先で成分の濃い温泉に入りたくて「別府 濃い温泉」で検索すると、温泉レポートのブログに辿り着きました。そのブログにあった温泉に実際に行ってみました(笑)

別府 鉄輪(かんなわ) みかえり温泉。成分が超濃いらしいです!

このように、検索から自分のブログにアクセスしてもらうには、検索するであろう人の気持ちを考えながら、検索するであろうキーワードをタイトルと文中に仕込んでいきます。でもやりすぎるとグーグルからペナルティーをくらってしまうのでご注意くださいね。最初からSEOを意識しすぎると、文章が書けなくなってしまいますので、頭の片隅にでも置いておいてください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です